台湾菸酒公司

(タイワンイェンジゥゴンスー)

台湾菸酒株式会社Taiwan Tobacco & Liquor Corporationは財政部に属する国営企業。起源は1901日本統治時代の独占制度から始まり、1947年に「台湾省菸酒公売局」に改編、この名前と制度を2002年まで使用していました。 その後、国際化・自由化に対応するため2002年1月1日から煙草酒回帰税制が施行され、独占制度を廃止。2002年7月1日には社名を改編し「台湾菸酒株式会社」となりました。 現在、台湾菸酒株式会社は、流通事業部、ビール事業部、煙草事業部、酒事業部、バイオテクノロジー事業部という、5つの事業部に分けられています。 消費者の権利と利益を保つ前提として、優良な製品を提供し、善意のある社会責任を尽くす。煙草、酒の販売自由化の市場競争に対し、活力と高い競争力を持つ販売企業です。

臺灣菸酒股份有限公司Taiwan Tobacco & Liquor Corporation為財政部所屬國營事業,源起於1901 年日據時代臺灣專賣制度,1947 年改組為「臺灣省菸酒公賣局」,沿用其名稱及制度至2002 年。 臺灣省菸酒公賣局為菸酒產、運、銷一貫作業之機構,負責產銷菸酒,滿足社會大眾需求,並執行菸酒專賣法令,轄屬機構、菸酒配銷單位及零售商遍佈臺灣各地,行銷網路健全。 為因應國際化、自由化,自2002 年1 月 1 日起廢止專賣制度,菸酒回歸稅制。菸酒公賣局於2002 年7 月1 日改制為「臺灣菸酒股份有限公司」。 面對菸酒產銷自由化之市場競爭,臺灣菸酒股份有限公司身為百年企業秉持以維護消費者權益為前提,提供優良產品,善盡社會責任,致力成為一充滿活力及具高競爭力之行銷企業。 本公司依業務分工主要分為五大事業部,分別為流通事業部、啤酒事業部、菸事業部、酒事業部、生技事業部。