厚食聚落

(ホーシィーヂィールゥオ)

「厚食」は台湾方言の客家語で「美味しい」という意味もあります。人々の優しさと環境のバランスをとり、仲良く共存できる意味も込めています。 「厚食聚落」は「生態、生活、生計」を組み合わせながら、台湾の農食文化に関する職人を集めて、地元の若者や2度目の就職者が豊かな暮らしを過ごせるよう、食文化に関する知識を生かしながら、自然の力と人の暮らしが相互に支え合う環境を目指しています。取り扱っている商品は、人間の体に必要とされる油分やタンパク質、でんぷん質、プロバイオティクスなどをテーマにしたグローサリーです。

「厚食」為客家話的好吃,同時也代表著台灣敦厚的人情味、豐富的厚土風情。 在厚食聚落中,聚集了一群與農食文化相關的職人,用台灣在地食材結合職人的手藝,激盪出味蕾的火花。在綠意盎然的土地上,知識為流動的力量,人為珍貴的支持,在地人學得一技之長能夠在社區中自給自足,年輕人、社區媽媽們能夠兼顧生活與家庭,孩子和年長者則可在大自然中悠然嬉遊,並且以愛護大地的心情使用友善環境的食材與產品,創造出人與人、人與環境的良善關係,實踐「生活、生計、生態」皆可永續的美好生活。